東京スター銀行の不動産担保ローン限度額と金利は?

不動産担保ローンとは、土地や一戸建て住宅、またはマンションなどを担保にお金を借り入れることをいいます。通常のローンに比べると低金利であり、しかも審査が通りやすいといったメリットがあります。しかし、審査基準や融資の条件については金融機関によって大きく異なりますから、細かいチェックが必要です。ここでは、融資の条件が良いこと評判の東京スター銀行の不動産担保ローンに着目します。

東京スター銀行の不動産担保ローンは、個人が利用しやすいローンとして知られています。使途が自由という特徴がその大きな理由と言えます。しかも、金利の低さが業界でトップクラスという特徴があります。具体的には、変動金利を選択した場合は年率0.90%~8.70%、固定金利の場合でも年率1.30%~9.25%(2017年7月現在)です。また、固定金利型の場合ですと、3年、5年、10年の中から金利を選択することもできます。事務手数料が108,000円かかるというデメリットがありますが、それを補ってあまりある金利の低さと言えるでしょう。なお、東京スター銀行の不動産担保ローンの融資限度額は、100万円以上1億以内とされています。

ちなみに、東京スター銀行では担保となる不動産の所有者は本人である必要がありません。配偶者や父母、兄弟姉妹などが所有する不動産を担保にすることもできます。原則として、保証人や保証会社を付ける必要もありません。このように審査基準が比較的緩く、金利をはじめとするプランを選択できる点が東京スター銀行の不動産担保ローンの魅力です。

コメントは受け付けていません。.